勉強

どのような対策が良いのか

塾選びは

ペンを持つ手

中学受験にほぼ必須と言えるのが、「塾選び」です。小さな頃から要領の良い子であると、塾通いをせずに名門私立などに合格することが出来る子もいますが、それはごく一部であり、だいたいの中学受験をする子どもは塾に通って、しっかり対策をしています。中学受験に関する塾選びに関しては、まず授業に遅れを取っている子であると、集団指導よりも個別指導を選ぶことをおすすめします。個別指導を選ぶことで、まずわからないところをしっかり教えてもらう、そして遅れてしまっている原因となっている苦手分野を把握して出来るようにするという対策がそのような子には大切です。ある程度勉強が出来る子であると、塾のハイレベルなコースを選択すると志望校対策もしっかりしてくれるのでオススメです。

フォローは

中学受験に関して親がすべきことというのはやはり子どものフォローです。親が受験に関してピリピリしてやたら口出しをするようになると、子どものストレスにもなりますし、何より子どもの勉強意欲が失われてしまいます。そのようなため、勉強に関してはあまり口出しをしないことが親の務めです。成績が出た時にダメなところがあったとしても、ダメなところを指摘するのではなく、まずは褒めてあげることが大切です。志望校合格に必死になっている親であると、とにかく苦手な部分の成績アップの事ばかりを考えていますが、その結果は子供が努力し汰結果であるので、そこだけを指摘してしまうと子どもが頑張る意味を見失ってしまうことも多く、口出しをせず、でも相談には乗るというスタンスで親は子どもの中学受験にのぞみましょう。